会社から自転車通勤の許可をもらおう

自転車通勤を始めるならまずはそのことを会社に報告し、正式な許可をもらいましょう。

自転車通勤を始めようと思うきっかけとは、健康面を考えたり、通勤ラッシュに疲れたから、またはエコだから、などのさまざまな理由があります。もしかしたら、会社からもらっている交通費を浮かせるために…なんて考えてる人も少なくはないのでは?

最近の自転車通勤ブームから、会社側も駐輪場を整備したり、自転車通勤手当の優遇をしたりと自転車通勤を進める企業が増えてきています。そこで注意しなくてはいけないのが、自転車通勤は通常の電車やバス通勤に比べて法的なリスクを抱えている部分があるということです。会社も従業員もその辺の対策をきちんととったうえで自転車通勤にを活用することが重要です。

officcebuilding by Bill Ward's Brickpile

どんなリスクがあるかというと、まず通勤途中で事故を起こしてしまい従業員が負傷したとき、労災保険の適用はどうなるのかが気になります。通勤に関係のない場所を通ったり、寄り道したりしていなければ、合理的な経路として認められます。しかし、通勤以外の目的で経路を外れたら、それ以降の場所で事故を起こしても労災が適用されなくなるかもしれません。このことを十分に理解しておかなければなりません。もちろん会社の規定によるので、しっかり確認しておきたいですね。

次に従業員が加害者となってしまう場合です。損害賠償責任がもちろん発生するわけですが、本人が賠償できないときは会社に責任を取ってもらえるのでしょうか。そうなると、会社は損害保険の加入を義務付ける必要が出てきますね。会社側に保険内容まで確認した上で、許可をもらいましょう。

また、通勤手当を不正に申告する問題もあります。実際は通勤費用はほとんどかかっていないに、定期代をそのままもらい続けるというケースは多いと思います。これは不当利益にあたり、過去にさかのぼって返還しろと言われるかもしれませんし、場合によっては懲戒処分になるかもしれません。

最後に駐輪場の問題です。会社の近くや私有地に駐輪すると迷惑になりますし、自転車通勤を許可した会社側にクレームがいくことがあります。会社側は駐輪場の確保をしなければいけませんし、自転車通勤に関するを規定を作る必要があります。自転車通勤をするのであれば、会社にきちんと報告をして規定に反しないようにしっかり理解しないと、もし事故などに遭ってしまったときに痛い目にあうかもしれません。万が一のときに備えて自転車通勤を始めるならしっかり上司や総務に相談しましょう。

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs