自転車通勤が可能な距離はどれぐらい?

筆者の自転車通勤暦は2年を超えています。何が変わったかといえば、最初は大変だった20km毎日往復40kmという距離が、全然大変に思えないこと。むしろ雨の日などに電車通勤のときの方が苦痛を感じることが多いのです。筆者は都会から約20kmのベッドタウンに住んでいるのですが、自転車で1時間の道ですが電車では乗り継ぎが悪いときなど、1時間30分も掛かってしまうことも…。

それはさておき、毎日20kmの自転車通勤をしているなどと言うと、大変ではないか?ということを良く尋ねられます。安物でもロードバイクであれば20kmというのは時間にして1時間程度、程よい運動になる大したことのない距離と言えます。自転車通勤にはちょうど良い距離と言えるかもしれません。しかしこれがママチャリでということでしたら下手をすると2時間ぐらいを見ておかないとだめかもしれません。ママチャリとはいえ同じ自転車だろう?乗る人が同じでそんなに違うか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、この道具の違いは大きな差を生むのです。

roadphotobyflickr

自宅からの距離・使う道具、掛けられる時間などから、あなたの自転車通勤に適した組み合わせを考えて見ましょう。

まず事前準備として、あなたの家から会社までの距離をできるだけ正確に測りましょう。これにはGoogleマップが便利です。マップ上で会社のある位置で右クリック。「ここからのルート」を選びます。そしてマップを自宅に移動させて、自宅の有る箇所で右クリック「ここまでのルート」を選びます。ルートが表示されて左側カラムに距離が表示されています。ここで電車、自動車、徒歩を選ぶことができますので、徒歩アイコンを選んでください。自動車専用道路などが除外されてより自転車通勤に向いたルートになります。そのときに表示されている距離を目安にします。

次は、一般的な自転車の速度を考えて、距離ごとに掛かる時間を表にしたものです。

距離 ママチャリ
(10km/h)
マウンテンバイク
(12.5km/h)
クロスバイク
(15km/h)
ロードバイク
(20km/h)
~05km 30分 24分 20分 15分
~10km 60分 48分 40分 30分
~15km 90分 72分 60分 45分
~20km 120分 96分 80分 60分
~25km 150分 120分 100分 75分

クロスバイクとロードバイクで見てみると、距離が短い場合、例えば5kmの場合だとロードバイクとクロスバイクで5分しか変わりがありません。しかしこれが~25kmになると当然その5倍で25分の差がついてきます。これが往復になりますから1日に50分。1月に20日勤務すると、実に1ヶ月で1000分=約17時間もの差になってしまいます。これは大きいですね。

自転車通勤は絶対的な距離よりも、距離に応じた適切な乗り物を選ぶことが大切です。ロードバイクが良いということではありません。ママチャリであれば服装にこだわる必要が無く、乗り降りが楽なため短い距離であればロードバイクよりも効率が良く結果として時間が短縮できるということがあるからです。10kmを超える場合はママチャリは諦めて他のタイプの自転車を選び、距離が20kmを超える場合はロードバイク以外のタイプは諦めるのが良いと個人的には思います。それらの中間的な距離であれば、ご自身が乗ってて一番楽しいと感じられる車種を選ぶのが良いかもしれませんね。
筆者のお奨め自転車についてはこちらにまとめていますので一緒にご参考にしてください!

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs