自転車通勤が楽しくなるサイクルコンピュータ

自転車通勤を始めると欲しくなるのがサイクルコンピュータですね。これを自転車に取り付けておけば、速度や走行距離、走行時間などを計ることができます。毎日の通勤のペースを掴むことができ、また移動距離がたまっていくので目標を持って自転車通勤を楽しむことができます。コンピュータと言っても価格は2000円くらいのものからあり、気軽に購入できます(多機能で高価なものなると数万円するものもありますが)。安価で、取り付けるだけで通勤が3倍ぐらい面白くなりますので、是非お勧めしたいアイテムです。

cyclecomputer by The Foot Down

サイクルコンピュータを選ぶときにまず考えたいのが、無線式にするか有線式にするかですね。マウンテンバイクで山を駆け抜けるなら、木の枝などにひっかかったりしてコードが切れてしまうこともあり、無線が良いと言われています。無線であればコードがない分すっきり見えて、見た目を重視される方にはお勧めです。しかし、自転車通勤で街中を走るような場合は有線のタイプのもので充分かもしれません。比較的安価ですし、無線を飛ばさない分電池も長持ちします。また街中の電磁波の影響で混線するようなこともありません。

高機能モデルのものであれば、平均速度やペース配分などの情報、センサーを付けて心拍数(ハートレート)まで計測してくれます。また、消費カロリーをチェックして毎日の通勤の励みにするのもいいですね。日々の記録をパソコン上で管理ができるものや、GPS機能付きのものもあります。
また、1分間にクランクを何回まわしたかを計る、ケイデンス機能がついているものもあり、自分の脚の回転数を意識してさらに疲れにくく、効率的なペダリングを心がげることが出来ます。自転車通勤でもフィットネスを強く意識される方は、ケイデンス、ハートレートモニターなどが付いている機種を選んでより効果的なライディングを楽しめます。

安価なものの多くはバックライトがついていませんので、夜になると画面が見えなくなります。通勤で帰りがおそくなる方は、夜間走行のことも考えてバックライト付きのものを選択するのもいいですね。ただし市街地を通行するのであれば、信号待ちの間に内容を確認できるため、バックライトは不要な場合が多いです。いろいろな機能がついていると、年間の走行距離などモチベーションにして自転車通勤を楽しめます。ご自身の目的にあったサイクルコンピュータを探してみてください!

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs