通勤用自転車の選び方

自転車通勤を始めたいけれども、どんな自転車を買ってよいか分からない!そんな初心者の方に自転車の種類・特徴と、それぞれの選び方をアドバイス。タイプ別にご紹介しますので、どのタイプが自分に合っているか検討してみてください。一般に自転車には次のようなタイプがあります。
ママチャリ・電動アシスト自転車・クロスバイク・ロードバイク・マウンテンバイク・折り畳み自転車・ミニベロ・リカンベント・BMX
この中で、通勤自転車に向いているのは、ママチャリ、クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイク、折り畳み自転車、ミニベロです。それぞれのタイプについて詳細にご紹介しましょう。

bicycle1

ママチャリ&電動アシスト

ママチャリについてはあまり説明が必要ないでしょう。街乗りに適したゆったりとしたフォームで乗ることができ、大きなカゴはバッグや買い物袋などの荷物を便利に運ぶことができます。国産メーカーのものでは、変速や自動点灯のライトなど快適に乗れる工夫が施されていて、日本の環境に大変適した自転車であり通勤や通学・お買い物など、あらゆるシーンで活躍しています。長距離を乗るようには作られていないので、~10kmぐらいまでの移動に適しています。電動アシスト自転車の多くはこのママチャリをベースにアシスト機能を付加したものです。電動アシスト自転車であればアップダウンの多い通勤ルートも気にならないですし~15km程度の距離も苦にならないでしょう。

クロスバイク

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの両方の要素を持った自転車です。ロードバイクはタイヤが細かったり、ドロップハンドルに代表されるように乗車姿勢がよりレーシーになっている点など、遠くにできるだけ速く移動できるようにチューニングされた自転車ですが、そのために段差に弱かったり、メンテナンスが大変だったり通勤用途には向かない部分があることは否めません。クロスバイクはロードバイクよりはもう少しラフに乗ることを考慮してデザインされているため、ある程度の高速走行が可能であるにも関わらず、フラットハンドルで乗車姿勢も少しコンフォートな印象です。多くのシチュエーションで利用でき、通勤に向いている車種と言えるでしょう。クロスバイクの街中での平均移動距離は1時間あたり20kmと言われています。出勤時間の1時間前に家を出るとすると、~15km程度の通勤に適しています。

ロードバイク

ロードバイクは人間の力だけで遠くまで行くことを考慮して最適化された最高の自転車です。最近は街で目にすることも多くなりました。一度ロードバイクの軽さを味わってしまうと、他の自転車に乗り換えるのが辛くなると言われています。街乗りでの移動距離は平均で25km程度と言われています。片道25kmの通勤ルートでもロードバイクであれば1時間前にでれば間に合うということですね。クロスバイクの項でも説明しましたが、ロードバイクは速く遠くに行くことを目的とした自転車であるため、多くの場合は細いタイヤを履いており、段差などでパンクする恐れがあったり、マンホールなどで横滑りなどの危険があったり乗り手にも高い技術を要求します。

マウンテンバイク

マウンテンバイクはその名前の通り山道をを楽しく走ることを目的に設計されたスポーツバイクです。山道を走るために丈夫に作られていますので、毎日の通勤に利用する目的にもフィットします。滑りやすい土でもしっかりグリップするようにブロックタイヤを履いていることが多いため、街乗りでは路面抵抗が大きくなり長距離の移動には向いていません。しかし雨の後でも横滑りし難いなどのメリットもあります。しっかりとしたサスペンションを装備しているものも多く、時に歩道を通る必要があるような段差の多いルートではロードバイクより安心して乗ることができるでしょう。クロスバイクと同様に~15kmぐらいの移動に適しています。

ミニベロ&フォールディングバイク

20インチ以下のタイヤをもった(大人用の)自転車は一般にミニベロ(小径車)と呼ばれています。タイヤが小さいため漕ぎ出しがスムーズに進み小回りが利くため、ストップ&ゴーの多い街乗りに適した自転車です。きちんとした変速機を備えたスポーツタイプのミニベロも多く発売されており、一漕ぎで進む距離はクロスバイクなどの一般のサイズの自転車に引けをとらないものもあります。しかしタイヤの系が小さいため路面抵抗を受けやすく、ペダルを漕がずに惰性で進める距離は大きなタイヤの自転車と比べると短くなります。信号の多いルートでも~10km程度の通勤であれば苦にならないでしょう。このサイズの自転車は折り畳み機能を持っているものも多く、折り畳み自転車であれば輪行バッグを常備しておけば、行きは自転車で帰りは電車など体力や忙しさに応じてフレキシブルに移動手段を選べるというメリットも享受できお勧めです。

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs