自転車通勤とダイエット

自転車通勤を行っている人に聞いてみると、思いの他ダイエット目的で開始した人が多いです。かく言う著者自身も、身長170cm体重60kgという中肉中背ながら最近腹周りに肉が付いてきたのが気になることもあって、多少のフィットネス効果を期待しつつ自転車通勤をしています。自転車で長距離を移動する運動は多くのカロリーを消費しますので、食事制限を行いながら自転車通勤を毎日続けていれば相当な効果が期待できるでしょう。

フィットネススタジオ

自転車でダイエット効果を求める場合に大切なことについて考えてみましょう。ダイエットにとって、まずは何より続けるということが必要です。これは自転車通勤であれば嫌でも会社に行かねばならず、毎日運動を行うという環境が整っている最高の状態と言えます。運動が苦手な人にとってはこの半強制的な環境は、ただダイエットのみを目的とした運動よりも自分を追い込むことができます。

またダイエット目的の有酸素運動は20分以上続けると効果があるということ聞きますが、忙しく働いている人にとって朝晩に20分のまとまった時間を取るというのは相当難しいことです。その点でも通勤時間を有効活用できるのは大変合理的な方法と言えますね。

同じ運動量でも体へのダメージが少ないものを選んだ方が長時間・長期間続けることができトータルでのダイエット効果が大きくなります。その点では体へのインパクトが少なく、かつ全身を使った運動になる水泳が一番ダイエットに向いているのですが、毎日水泳を行うのはなかなか難しいです。その点、自転車による運動は、現在体重が有る人でもひざへの負担が少なく、長時間続けることができるためトータルでの運動量についてもメリットがあるでしょう。

ダイエットに有効な自転車の乗り方について考えてみましょう。

筋肉を鍛えることと違って運動量そのものに着目するダイエット目的での運動については、体への負荷を細かく調整できるものが良いです。自転車の場合は変速機で運動強度を細かく変えることができますので、その点問題がありません。ダイエットを意識しているときは、いつもよりも一つ変速を軽くして、その代わりにペダルの回転速度を上げてスピードを保つようにします。1回1回の運動で筋力を使うのではなくて軽い負荷の運動をできるだけ沢山行うというイメージです。これによってより体への負担を抑えたまま、トータルでのカロリー消費量が多くなります。

また、より高い効果を求めるのであれば、朝は会社についてから朝食を採るというのも良さそうです。空腹状態でまとまった時間の有酸素運動を行うことで、体脂肪を落とすことができるからです。ただし特に暑い期間については水分を摂取することを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs