自転車通勤の寒さ対策

自転車通勤も寒さが辛い季節になってきましたね。(この原稿を書いているのは12月です。)自転車通勤にとって雨の次に辛いのが寒さです。秋口からまず耳が冷たく感じるようになり、そのうち頭が痛くなってきて暖めないと進めなくなってきます。辛い状態で長く続けることは困難ですから、自転車通勤が億劫になってしまう前に是非ベストな防寒対策を!

防寒のポイントは?

防寒(寒さ対策)にとって大切なのは、冷えると辛い部分を専用のウェアでカバーすることです。特によく冷えるのは「耳」「手先」「足先」と「首」です。また長時間の通勤では、口元も意外と冷えるポイントになります。そのため、まず用意したいのが次の装備です。

  • 耳あて、もしくは耳あて付きの帽子
  • ネックウォーマー
  • フェイスマスク
  • グローブ(手袋)

ヘルメットを装備していますので、耳あてはヘッドフォン型のものは使えません。バンド型やヘルメットアンダーの帽子で耳あてのあるもの(パールイズミなど)等です。これらはスポーツショップ等で1000円~3000円程度で手に入ります。
続いてネックウォーマーですが、マフラーは特に長いものは暖かいですが、解けて邪魔になることがありますので避け、頭からすっぽりと被る筒状のものを選ぶ方が良いでしょう。耳あてや帽子もそうですが、ネックウォーマーも最近はフリース素材のものが安く手に入ります。スポーツショップの他、ホームセンターなどでも冬季にはレジ前に安いネックウォーマーが並んでいますね。安いものでは数百円、高くても2000円以下で手に入ります。
ホームセンターでは他に、工事現場や警備の方が利用される目だし帽がある場合があります。これらは素材に拠りますが目の細かい、風を通しにくい素材で作られているものは、自転車用としても使えるでしょう。しかしモノによっては視界が悪くなるものがありますので、良く選びましょう。
口元の寒さについて少し言及しましたが、1時間も冷たい環境で自転車に乗っていると、降りた後で口元が凍えて上手く喋れないこともあります。そのため、口元専用のフェイスマスク等も作られています。ちょうどウエスタン映画に出てくる強盗がバンダナを巻くように、口元から耳にかけてをガードします。自転車専用のものの他にも、ホームセンターで現場用のものが手に入るでしょう(種類は少ないですが)。こちらは1000円~3000円程度です。

自転車の防寒にとって手袋は特に大事

最後に特に大切なグローブ(手袋)です。冬には色々なところで手袋が売られており、値段もピンきりですが、グローブについてはある程度の価格がするものを選択することをお勧めします。
2重構造になっていて、表が風を通さない材質、中が暖かさを保つ材質の2重構造になっていることが必須です。またその中で、毎日ハンドルを握るので、こすれて破れることのないように上部な材質でできていること。それでいて操作の邪魔にならないやわらかさが必要です。
自転車専用のものも良いですが、著者の経験では自転車用のものは操作性を重視していて、耐久性&保温性に欠けるものが多いです。アウトドア用のものなども候補に入れて検討してみると良いと思います。価格は6000円程度を見込んでおくと良いでしょう。

自転車通勤の防寒用の服装は?

服装については、寒さに応じて2枚もしくは3枚の重ね着(レイヤード)がベストです。とはいえ着膨れして運転に支障の無いように気をつけましょう。インナーは半そでTシャツもしくは長袖Tシャツで十分です。暖かいときと変わらず汗を良く吸う快適なものを選びましょう。零下になる場合は、Tシャツの下に所謂ババシャツを着用しましょう。
ヒートテックのような吸着熱素材も良いですが、実際はあまり効果が無いと言われています。裏起毛などの加工がされているものや、本当に寒い場合はパタゴニアのキャプリーンのような極地での使用も考慮されているものを選ぶ方が良いでしょう。
アウターは、風をシャットするもので、ひじなどの動きを制限しないものにしましょう。丈が少し短くライド姿勢では背中が出てしまうことになりますが、ユニクロのウルトラライトダウンなども良いでしょう。(ライディングをしていると背中の寒さはあまり気にならないです)

スポンサーリンク
Google ADs
Google ADs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google ADs